前へ
次へ

不動産投資で私的年金を作りましょう

不動産投資をしておくと将来的に私的年金を作ることができます。
不動産投資の代表例は、賃貸アパート経営です。
賃貸アパート経営は、借主が部屋を借り続けている間ずっと毎月賃料が入ってきます。
基本一度部屋を借りた借主は長期的に部屋を借り続けてくれますので、長期的に渡って賃料が入ってきます。
働かずして不動産が毎月収入をもたらしてくれます。
この状態を会社を定年退職した後でも維持することができれば、毎月安定した収入が入ってくるようになり私的年金を作ることができます。
さらに、公的年金と合わせれば毎月の収入はそれなりの額となります。
私的年金と公的年金が入ってくれば老後はアルバイトしなくても、老後はゆとりある暮らしを送ることができます。
以上のような理由から、会社を定年退職するまでに不動産投資をしておくのが老後の生活を楽することができるポイントになります。
なお不動産投資は早く始めれば始めるほど有利になってきますので、20代や30代で始めることをオススメします。

Page Top