前へ
次へ

二世帯住宅は新築か増改築かで悩む人は多い

二世帯住宅は新築にするか増改築にするか、これに悩む人は非常に多いです。
増改築は費用の点で負担が少なく、もともと住んでいた人の生活を大きく変えないのでメリットは大きいです。
しかし、それだけで増改築を選択するのはリスクが大きいと言わざるをえません。
費用が抑えられると考えていても、もとの家が予想以上に老朽化していれば、大規模な補強工事が必要になることもあります。
当然ながら、予定よりも大幅に予算オーバーしてしまうでしょう。
自分たちの住まいが増改築で対応できるかどうかの見極めは、素人にはほぼ不可能です。
新築は高いと言って最初から除外せず、きちんと両方を天秤にかけることが大切になります。
二世帯住宅を新築する場合、最大のメリットは親子双方の要望を盛り込んだ家づくりが可能な点です。
工事費用の見積もりがしやすく、ある程度正確な総額を出せることもメリットのひとつです。
予算を立てやすいのはとてもありがたいことと言えます。

Page Top