前へ
次へ

不動産の賃貸契約で必要なものをお教えします

不動産の賃貸契約をする際に必要なものがあります。
今から物件を借りる事を考えている方は知っておくと便利です。
まず、一つ目は印鑑証明です。
これは、借主が事前に自治体へ登録をしておく必要があります。
印鑑証明を持っていない方は作成をする必要があります。
それから次は、住民票です。
これは、借りる方のだけで良いのか、それとも入居をする全ての人のものが必要なのかを確認しておきましょう。
それから次は、収入を証明する書類が必要になります。
会社員の方の場合には、源泉徴収票、自営業の方の場合には納税証明書などが必要になります。
それから、不動産会社によっては、連帯保証人が必要になる事があります。
その際、連帯保証人の印鑑証明などが必要になる事があります。
一般的には連帯保証人は親や兄弟にお願いする人が多い様です。
社宅として借りる場合には会社の社長さんが連帯保証人となる場合があるので不動産会社で確認をする事が必要になります。

Page Top