前へ
次へ

不動産の賃貸契約書で確認しておきたい事

不動産の賃貸契約書で確認しておきたい事があります。
それは、契約期間と更新の定めに関してです。
これは、契約が普通借家になっているのか、それから定期借家になっているのかを確認する事です。
定期借家の場合、更新が必要になります。
更新が必要な場合、更新にかかる費用がいくらなのかを確認しておくことです。
一般的には家賃の1か月分から3か月分です。
それから次は、賃料や管理費などに関してです。
これは、いつまでに翌月に支払いをするのか、また延滞金などに関してが記載されています。
延滞金が発生する場合の延滞率なども確認をしておきましょう。
それから次は、敷金に関してです。
これは、原状回復の費用の精算などが記載されています。
地域ごとに取引の条件などが違うためあらかじめ確認をしておく必要があります。
また、禁止事項があります。
これは違反をした場合、退去を言われることがあるので確認をしておく必要があります。
これらの事は全て契約書に記載されているので確認をしておくことです。

Page Top